【ポケモンの巣】大阪・天保山は、関西一の狩り場かもしれない(ガチ)

関西在住のポケモントレーナー達の間で、新たな〈聖地〉との呼び声も高い大阪・天保山──。レアなポケモンが頻繁に出没するとの噂を聞きつけた無職のおっさんが、早速現地に足を運んで確認してきました。

f:id:sujikofsujio:20160812040231p:plain

大阪・天保山というと世界最大級の水族館「海遊館」と、大観覧車から望むロマンティックな夜景が有名な、言わずと知れた関西随一のデートスポットです。そこは恋人たちが甘い言葉を囁きあい、愛を育む場所……。〈アラフォー・独身・無職〉と、まさに非リア充の権化であるこの私には全く似つかわしくないエリアですので、一人で乗り込んでいくのは最初さすがに躊躇しました。

リア充カップルだらけの場所でたった一人、ポケモン探して彷徨うなんて確実に精神的に削られるぞ。もしそこで〈ポケモン探してる場合じゃないだろ、幸せ探せよ〉なんて天の声が聞こえたらどうする? そのときは心が折れるかもしれんぞ」などと恐れておりましたが、現地に着いてみるとポケモントレーナーだらけ。お一人様もたくさんおられます。逆に「デートスポット特有のスウィートな雰囲気を我々ポケモントレーナーがブチ壊してはいないか」と申し訳無い気持ちになるほどでした。着くやいなやルージュラが現れ、その後も休む余裕を与えてくれないほど次々とレアなポケモンが現れるので私は狩りに夢中になってしまい、つまらない劣等感など抱く暇も無く、抱いていた危惧は全くの杞憂に終わったのでした。 

f:id:sujikofsujio:20160812095529j:plain

マーケットプレイス周辺のポケストップに群がるポケモントレーナーたち

 

快適な環境、次々と埋まっていくポケモン図鑑

天保山マーケットプレイスにはレストランやカフェがあるので、狩りに疲れたときやお腹が空いたときには涼しい場所で休憩したり食事を摂ることができます。トイレも綺麗です。日陰も多くて地形は緩やか、きつい勾配の坂や階段が少ないので、運動不足の鈍った身体のおっさんでも体力的にキツくない。海からは爽やかな風が吹き、夕陽も美しい。夜景も綺麗。ポケモントレーナーにとって、非常に快適な狩り場といえるでしょう。そして何より、狩りの内容が充実していて、圧倒的に楽しいのです。

何が楽しいって〈ポケモンの巣〉というのはピカチュウの巣ならピカチュウが、ガーディの巣ならガーディがというように特定のポケモンが大量発生し、その〈特定のポケモンとの遭遇率が飛躍的に高まるスポット〉のことをいう訳ですが、天保山は〈特定のポケモンの生息地〉というわけではなくて、様々なレアポケモンが現れ、その数もバリエーションも豊富です。飛び出してくるポケモンはほとんどレアポケモン、ポケストップに常駐しているだけでもレアポケモン、次々とポケモン図鑑が埋まっていきます。また後述しますが、上位レアポケモンが次々に現れる奇跡のような時間が訪れたりもします。

f:id:sujikofsujio:20160812072939p:plain

ポケストップにわらわらと集まってくるレアポケモンたち!

f:id:sujikofsujio:20160812072951p:plain

数分後、オコリザルが現れる(初遭遇でテンション上がる)!

 

天保山ポケモンの巣は、おおまかに3つのエリアに分けられ、それぞれ出てくるポケモンの傾向が違います。

 

海遊館マーケットプレイス、大観覧車周辺

海遊館マーケットプレイス周辺にはビリリダマとコイルが大量発生。海岸通り沿いに上位レアポケモンが稀に発生。海岸通り沿いでは人気のピカチュウの姿も。

〈出てくるポケモン

ビリリダマ、コイル多数、

カラカラ、ゴース、サンド、スリープ、ダグトリオニドラン♀ピカチュウワンリキーなど。

f:id:sujikofsujio:20160812090151p:plain

f:id:sujikofsujio:20160812090201p:plain

海岸通りの端にサイドンが(初遭遇)! 

f:id:sujikofsujio:20160812084026p:plain

f:id:sujikofsujio:20160812090130p:plain

海岸通りにイワークが(こいつも初遭遇)!

 

海沿い

海の風が心地良い。トレーナーの姿も比較的少ないので、ちょっと喧騒から離れて、たそがれたくなったら海遊館マーケットプレイスの裏側に回って海側へ。

〈出てくるポケモン

ニョロモ多数、

コイキングシェルダーゼニガメニャースパウワウメノクラゲなど

f:id:sujikofsujio:20160812092426p:plain

海上にも容赦なく現れるポケモンたち!

f:id:sujikofsujio:20160812093224j:plain

夕陽が綺麗ですごく癒されましたよ……

 

天保山公園

天保山は日本一低い山として有名ですね。日本一低いだけあって全く気にならない程度の勾配。疲れません。公園内にはポケストップが全部で8つあり、全てのポケストップを歩いて回ったとしても、10分もかかりません。公園入り口付近のポケストップはレアポケモン出現率が高いので常駐するのも◯か。

〈出てくるポケモン

イシツブテ、ガーディ、サイホーン、サンド、ピッピ、ビリリダマヒトカゲ、ロコン、ワンリキーなど

f:id:sujikofsujio:20160812075515p:plain

天保山公園内では常時、全てのポケストップでルアーモジュールが使用されていた。

 

上位レアポケモンが連続発生。奇跡のような時間が訪れる。 

夜の20時半を過ぎた頃。ハイパーボールを使い果たした挙句、スーパーボールの残り僅か、身体的な疲労もかなり蓄積していたので「もうそろそろ帰ろうかなぁ」なんて考えていたそのとき。数人のポケモントレーナーたちが天保山公園の方向へ、急に走り出していきました。いったい何事かと驚いているうちに、必死の形相で走っていくポケモントレーナーの数は、あれよあれよと瞬く間にどんどんと膨れ上がっていきます。100人を優に超える大人たちが、一方向に猛然と走り抜けていく光景を私は初めて目の当たりにしましたが、圧巻です。いい歳した大人がですよ、一心不乱に爆走し醜態を晒してしまうのは、やはりそれなりの理由があるわけです。その理由とは……おそらくカイリュー、あるいはカビゴンが現れたに違いない。それしかない。私はすぐさま〈P-GO〉で確認。しかしそれらしき姿は〈P-GO〉のマップ上には出てきません……ということは固定湧きではなくルアーによって湧いてきたポケモン……ルアーで湧いたということは……それ、アレやんっ!! 3分程度で消えるやつやんっ!! 私も群衆に混じって走り出したい気持ちを必死に抑え、早歩きで現場に向かいました。辛うじて間に合いました。

現場の天保山公園入り口付近は、とんでもない数の人が集まり騒然とした雰囲気。もう完全にお祭り状態。周囲からは「カビゴンッ、カビゴンッ」と興奮した声が聞こえてきます。……やはりカビゴンか……私ははやる気持ちを抑えて、当該ポケストップにじりじりと近付いていきました。そこにはなんと、カビゴンニドキングが同時に発生していました。「さっきラプラスが…どうのこうの」といった会話も聴こえてきてもうなんだか訳が分からない。もしかしてラプラスもいるのか??(後でTwitterで確認したところ、この数分前にラプラスも現れた模様)いや待て、とにかく今は目の前のカビゴンだけに集中して確実に仕留めよう。即座に落ち着きを取り戻しスクリーンショットを撮り忘れるほどに集中力を高めた私ですが、あっけないほどのあっけないスピードで、野生のカビゴン取り逃がしてしまいましたよクッソがぁぁぁぁっっ!!

f:id:sujikofsujio:20160812110333j:plainカビゴン祭直後の天保山公園。300人以上のトレーナーがいたはず。

f:id:sujikofsujio:20160812110818p:plain

カビゴンは取り逃がしたが、ニドキングは辛うじて捕獲。

 

野生のカビゴンを取り逃がしたショックはあまりに大きい。私はその場からショックのあまり動くことができずにいました。公園入り口付近のポケストップで、ルアーで湧いてくるポケモンを惰性でキャッチしながら私は、隣に座っていたポケデート中であろう小憎たらしいカップルのつまらない会話に、しばし聞き耳を立てていました。聞き耳を立てることで周囲に対して意識を張っていたことが功を奏しました。しばらく後、10メートルほど離れた場所で、妙な人の動きを感知。足早に公園の奥へと進んで行く数人のトレーナーの姿を確認。何が現れたかは定かではありませんが、きっとまた大物が現れたのだ、そう感じた私は、彼らの動きにすぐさま同調しました。さきほどのカビゴン騒動のときのように、同じ方向へ移動するトレーナーの数はまた次第に膨れ上がっていきます。カビゴンでこの祭りは終わりではなかったのです。公園の東側を出てすぐ、水上消防署の建物付近に人がどんどん集まっています……そこには……

カメックス!!

f:id:sujikofsujio:20160812113536p:plain

f:id:sujikofsujio:20160812113618p:plain

ズリの実めっちゃ使いました。残り少ないスーパーボール使いまくりました。ハイパーボールを使い果たしてしまっていたことを心の底から後悔しました。そして、手に汗握る激闘の末、野生のカメックス、取り逃がしましたっっっつ!! クッソがぁぁぁぁっっ!!

二度も大物を取り逃がし心が折れそうになったので、私はここで天保山から離脱。「いやぁ、楽しかったなぁ」と帰りの電車の中でその日を振り返りながら眺めていたTwitterのTLによると、私が離脱した後すぐにプテラサイドンが現れたのだとか。あの後もまだ祭りは続いていたというのか……天保山。すげえな。

 

バリエーション豊かなレアポケモンを次々ゲットできることだけでも楽しいのに、続けざまに上位クラスのポケモンが出現するなんてどんだけエキサイティング!!……天保山に一度行くと地元でポケモンGOする気になれなくなってしまいます。間違いなく関西一の狩り場

関西在住のポケモントレーナーの皆様は是非、大阪・天保山に!! すごく楽しいです!! ポケモンの巣はまた入れ替わりが予想されますので今のうちに!!

 

天保山へのアクセス〉

電車大阪市営地下鉄/中央線「大阪港」駅下車徒歩5分
JR線ご利用の方は、大阪環状線「弁天町」駅で、地下鉄中央線「コスモスクエア」行きに乗換え。

バス大阪市バス「天保山」下車すぐ
大阪駅からは88系「天保山」行き、なんば駅からは60系「天保山」行き。

 阪神高速湾岸線・大阪港線天保山」ICより約5分

駐車場:有  天保山駐車場1300台
平日:200円30分 土・日・祝日および特定日:250円/30分 ※特定日:1/1~1/4、4/29~5/8、8/10~8/16

 

無職のおっさん、ポケモンGOにハマる

f:id:sujikofsujio:20160810023351p:plain

無職の人間は、絶対に手を出してはいけない。絶対にだ。

 

40手前のアラフォー、独身、現在無職。

それは、無職の人間が絶対に手を出してはいけないモノでした。クズ街道をまっしぐらに走った果てに廃人と化し、二度と社会復帰できない可能性も充分考えられます。「最初は興味本位で……」「友人に勧められて……」麻薬に溺れた者たちは決まってそう言うのです。例に漏れず、私も最初は完全に興味本位でした。

多くのアメリカ人が正気を失う姿をニュースで目の当たりにし、「なぜだ? なぜそこまでハマる? そんなにイイものなのか?」と、不思議に思っていました。最初は。そして海の向こうの熱狂を「フッ、愚かなヤツらめ」と、冷ややかな目で見つめていました。最初は。しかし、自分も試してみたいという気持ちは日に日に強まっていくばかり。

 

2016年7月22日、ポケモンGO、日本で配信開始。速攻でポケモンGOをインストールし、勇んで外に飛び出した無職のおっさん。 

40手前のおっさんである私は、ポケモン世代ではありません。ゲームボーイアドバンスポケットモンスターもやってませんし、アニメも一度も見たことないですし、ポケモンの名前を10個挙げてみよと言われても、一般常識としてピカチュウだけは答えられるものの、その後はもう何も出てこないくらいポケモンには興味が無かった。

だから、甘く見ていたんです。ポケモン世代ではない自分は、まぁそこまでハマらんだろうと。

無職の分際で、いや無職だからこそ、見事にハマってしまいましたよ、ポケモンGO。何せ時間はありますから。こんなことしてる場合じゃない、今、探すべきは定職であって、ポケモン探してる場合ではないはずだぞバカタレが!と己を叱りつけながらも、全く身体が言うことを聞かない。

無職の人間には時間の制約が無いのです。明日仕事に行かなくてもいい。ポケモンの巣で狩りに夢中になって、万が一終電を逃してしまったとしても、そのときは朝まで狩りを続ければいい。ポケモンをゲットするたび、トレーナーレベルが上がるたび、モンスター図鑑が埋まっていくたびに脳内報酬系において放出されるドーパミンポケモンを探して彷徨うポケモントレーナーの姿を、誰かが「さながらゾンビのよう」と言っていましたが、まさに、このことだったか……。面白い。楽しい。気持ちいい。歩く脚が、モンスターボールを投げる指が、止まらない。長時間の歩行により、疲労でボロボロになった身体を引きずりながら、やはり手を出すべきではなかった……と私は深く深く後悔しました。

f:id:sujikofsujio:20160810031822p:plain

  

世界は本当に、冒険のフィールドと化した。

アラフォー世代がハマったゲームというと、ドラクエとFFがまず筆頭に挙げられるでしょう。特に1988年に発売されたファミコンドラクエは、日本全土を熱狂の渦に巻き込みましたね。歴史的なゲームです。

当時の熱狂を、私はよく覚えています。友達でドラクエⅢをプレイしていないヤツはいなかった。小学生低学年だった私も見事にハマってしまい、完全に学校の宿題を放置、親に怒られながらも、寝る間を惜しんでプレイしていました。どれほどひどく叱られようが意に介せずという態度を取り続ける私に対して、親はファミコンのACアダプターをどこかに隠すという対抗措置を取るほど。私は麻薬中毒者のように、ドラクエの世界にのめり込んでいきました。

ドラクエの世界観は、次第に現実世界をも侵食し、精神を蝕んでいきました。もともと妄想癖が強かった少年だった私は、「ほんとうにドラクエのモンスターが出てきたらいいのになぁ」と願い、毎日、下校時間、学校から家までの道すがら、冒険の空想に耽りながら家路につきました。街路樹の側からマドハンドがあらわれ、路地からは〈キメラ〉があらわれ、寄り道をした公園の茂みからははぐれメタルがあらわれ、近所の怪しいおじさんはくさったしたいで、といった具合に。

f:id:sujikofsujio:20160809224958p:plain

 

あらゆる場所から襲いかかってくるモンスターの姿を想像し、次々と頭の中でなぎ倒しては経験値を積み重ねて、レベルアップに励みました。私は小さな勇者であり、まさに世界は、冒険のフィールドでした。

ポケモン直撃世代の方々も小さい頃、私がドラクエの空想に耽っていたのと同じように、街のあちこちからポケモンが飛び出してくる想像をして遊んだりしたのではないでしょうか。ポケモンGOをプレイしていると、少年時代の冒険の記憶がフラッシュバックし、当時の夢が本当に叶ったような感覚に陥って感動すら覚えます。あれから30年経ち、世界は本当に、冒険のフィールドと化してしまった。

そりゃ夢中になりますわ。わかります。無理もないですわ。ポケモン世代ではない私でさえこんなに夢中にさせるのですから。小さい頃にRPGにハマった経験のある人なら誰でも、ドハマりする可能性は高いのではないでしょうか。

間違いなくポケモンGOは、歴史に残るゲームです。もうね、社会の教科書に載るレベル。それくらいこのゲームは凄い。いやこれでもポケモンGOじゃなくて、ドラクエGOだったら本当にヤバかったと思います。

 

配信開始から2週間以上過ぎたポケモンGO、日本でもピークアウトの兆しも。Twitterでも「もう飽きた」「もうやめた」というツイートもちらほらと見かけます。各地のポケモンの巣も、最初の一週間ほどの狂乱は今は影を潜め、少し落ち着いてきましたかね。

さて私はというと、何せドラクエⅢでも、ラスボスのゾーマを倒した後もパーティー全てのメンバーのレベルを99まで上げ、全てのアイテムをコンプリートするまでやり続けるタイプの人間。なので飽きるどころかこの底なしコンテンツの沼にどっぷりと浸かりきっており、しばらく抜け出せそうにありません。開発者のジョン・ハンケ氏の発言によれば、「ポケモンGO」の機能はまだまだ未実装な部分が多く、現時点でまだ10%程度(!)なのだとか。今後さらに底なし度が増していくと思うと……全く恐ろしい話です。

 

よしっ!! またこれからポケモン図鑑を埋めるべく、レアポケモンを探しに外にでかけようかしら!! (イヤイヤッ仕事探せよ!!)